teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 眼鏡侍の自作フリーゲーム(15)
  2. アニメの感想書いちゃるぜぃ!(19)
  3. 素材をせっせと作りましょ(3)
  4. フリーゲームの音楽素材に歌詞を付けよう(14)
  5.  (178)
  6. ネトゲ冒険日誌(9)
  7. 物語を始めよう(15)
  8. お勧めのゲームを教えて欲しい(1)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:270/364 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【感想】ベジルベータ

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2012年 9月28日(金)23時25分50秒
  通報 返信・引用
  何時もお世話になっております。

今回ご紹介させて頂きます作品は、白鷺みすと様の制作された推理&ACTゲーム、「ベジルベータ」です。
つい先日の2012/9/24に販売開始されたばかりのみすと様の新作であり、初のシェアウェア作品になります。
従来はRPGの作品が中心となっておりました為、今回は初挑戦の本格派ADV&ACT作品であるとも言えるでしょう。

ベジルベータは主人公ベジを含めた5人の家族と、ゼータ女王を始めとする愉快な仲間達が織り成す、全10章の物語です。
本作の特徴は推理をしてポイントを稼ぐADVパートと、敵を避けてゴールを目指すACTパートに分かれている事であり、
交互に2つのパートが入れ替わる所が魅力の作品です。
ADVパートはまるで自分が探偵になっているかのような気分になり、謎解きを考えるのがとても面白いのですが、
間にACTパートを入れる事で、プレイヤーの方が良い気分転換が出来るように配慮されているのです。
このバランスが丁度上手く取れていて、決して冗長になっていない所が良いと思います。

ADVパートでは、ベジを操作してキャラと会話したり、物を調べたり、探したりと言った事を行います。
時々選択肢が現れ、正しい回答を選択して行くのですが、仮に間違っていたとしても先に進む事が出来ます。
これらのベジの行動の結果によってポイントが加算されて行き、10章クリア後に点数が発表されます。
点数によってEDは変わるのですが、満点の100点が取れなかった場合、最後にベジが攻略のヒントを教えてくれます。
彼のヒントを良く考えれば、数回プレイすれば簡単に100点を取る事が出来るかと思います。
因みに、本作はファンタジーの世界が舞台となっておりますので、推理の中にも魔法等の概念が含まれていたりします。
そこが少しだけ普通の純粋な推理ものとは異なりますが、100点を目指して頭脳をフル回転させる事が快感になるのは間違いないでしょう。

ACTパートでは、ベジを操作して、向かって来る多くの敵シンボルを避けながら、ゴールを目指します。
物語冒頭で3種類の中から難易度を選ぶ事が出来、選んだ難易度によって、クリアしなければならないマップ数が変わります。
ベジに向かって来るのはデムと言う魔物であり、2回までならぶつかってもマップの入口に戻されるだけで済みますが、
3回ぶつかってしまうと、その時点でゲームオーバーになってしまいます。
デムと接触する度にシンボルが変わるのですが、ステージ内の星のかけらを取ると、1つ前のシンボルに戻す事が出来るので、
数は少ないのですが、見付けたら有効的に活用しましょう。
ベジの後ろには常に3人のキャラが付いて来るのですが、当たり判定があるのは実はベジだけです。
他の3人のキャラはデムと接触しても何も問題はないので、上級者になると、彼等をベジのフィルタとして活用する事も出来ます(笑)。
地味ながら難易度は丁度良いバランスになっているので、中々ハマってしまうと思いますよ。

以下、メガザムの駄文をどうぞ。

・クリア後の点数発表が燃えます(笑)。私は3回目で100点を取りましたが、一瞬の隙も見逃さぬよう、頭脳をフル回転させて推理するのは楽しかったです。
・点数発表後のベジのヒントシステムが有難いです。これがなければ私のような凡人は、何時まで経っても100点が取れなかったと思います。
・ちょっと残念だったのは、各キャラのパラメータや装備品やスキルがあるのに、それを活かす場面がなかった所。折角だから、バトルイベントも少しは入れても良かったんじゃないかなと思ったり。
・キャラや時々紹介文が出て来る設定等も良く作られていたので、次回作に持ち越す事も出来るのでは?と言うか、ベジのファミリーは温かみが感じられて良いな~。Ⅱ出ないかな~(笑)。
・黒幕の正体はあの1シーンで簡単に分かってしまうので、もう少しぼやかしてやっても良かったかも。多くの人が気付いてしまうと思うのですよ。あのキャラが誘拐された後の会話で。
・ACTのみのタイムアタックモードの完備も良いですね。病み付きになるこのACTシーンをとことん楽しみたい貴方は、是非腕試しをしてみてはいかがでしょうか。
・個人的にRead MeとEDのスタッフロールは是非見て頂きたい(笑)。多分、初めてだよ、こんなの。みすとさん、どうも有難うっっっ!!!

●ベジルベータ
・制作者:白鷺みすと様
・制作者ホームページ名:ツクールランド
・制作者ホームページURL:http://tukuruland.news-site.net/html/
・ダウンロードURL:http://www.digiket.com/work/show/_data/ID=ITM0071935/
・種別:シェアウェア
・ジャンル:推理が熱いファンタジーミステリーADV&ACT
・ボリューム:短編
・制作ツール:RPGツクールVX Ace
・年齢制限:無

他のシェアウェアゲームと比較すると、若干価格は高めかも知れませんが、個人的には買って良かったと思えました。
1回のクリアまでの所要時間も、選択した難易度等にもよりますが、1~2時間程見ておけば問題ないかと。
数回は最初からプレイし直すのだと考えると、こうやって短く話が纏まっていると、やり易くて良いと思います。
推理とACTの奇跡の融合を果たした本作、まずは体験版だけでもプレイして頂きたく思います。
お気に召された方は、是非とも購入をご検討下さい。

今後とも(株)P・S及び眼鏡侍ことメガザムは、ツクールランド及び白鷺みすとさんの作品を全力で応援致しますっ!

それでは、今回はこの辺で終わらせて頂きます。
ご愛読ありがとうございました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:270/364 《前のページ | 次のページ》
/364