teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 眼鏡侍の自作フリーゲーム(15)
  2. アニメの感想書いちゃるぜぃ!(19)
  3.  (178)
  4. ネトゲ冒険日誌(9)
  5. 物語を始めよう(15)
  6. 素材をせっせと作りましょ(2)
  7. お勧めのゲームを教えて欲しい(1)
  8. フリーゲームの音楽素材に歌詞を付けよう(13)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


【感想】君と僕の…

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 8月 9日(土)17時54分59秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、きーてっく様の制作された、学園ギャグ百合ADV、“君と僕の…”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は白百合学園に通う歩美が、転校生のマユと織り成す一日を描いた物語。
歩美は変な単語を語尾に付けるのが特徴的な少女で、マユは若干ツンデレ、暴走気味の少女と云った所でしょうか。
簡単に気になった点と良かった点を挙げて行きたいと思います。

【気になった点】
・ボイスが棒読みな所がある。特に序盤の歩美。狙ってやっているのかも知れないが。
・ちょいとギャグが笑えない。ゲーム紹介文には面白いと記載があるが。
・展開が早過ぎて付いて行けない。物語も短過ぎる。最後はブツ切り。
・百合は単にネタであって、感動的なシーンは皆無。

【良かった点】
・ほぼフルボイス。声優の演技は別として、声質は悪くないと思う。先生の喋り方は面白かった。
・絵がデフォルメ風で可愛らしい。ほのぼのする絵柄。癒される。

選択肢は一箇所だけで、二種類のEDを両方見ても、10分掛かるか掛からないかと云う位に短いです。
色々と可能性は秘めているように思えるのですが、何分物語が短過ぎるので、何をやりたいのかが分からないまま終わってしまった感があります。
展開が余りに早過ぎて、直ぐに終わってしまう所が残念でしたが、ボリュームを上げれば改善の余地は見られると思います。
折角百合作品と云う事で公開しているのですから、もっと歩美とマユの関係が深まるイベントを盛り込んで、最後はギャグを入れながらも、感動的に終わらせるようにしたら宜しいのではないでしょうか。

ちょっぴり変わったネタ風味の百合ADVを遊んでみたいプレイヤーの方は、是非とも遊んでみてはいかがでしょうか。
次回作があるのであれば、期待して待っていたいと思います。

●君と僕の…
・制作者:きーてっく様
・制作者ホームページ名:不明
・制作者ホームページURL:不明
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/7145
・種別:フリーソフト
・ジャンル:学園ギャグ百合ADV
・ボリューム:超短編
・制作ツール:吉里吉里
・推奨年齢:全年齢

それでは、これにて失礼致します。
 
 

【感想】だれかのかがみ

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 7月 6日(日)17時23分13秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、ウミユリクラゲ(代表:丹酌)様の制作された、少女論考察ADV、“だれかのかがみ”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は地味で内気な恵音が、明るく豪快な性格の棗と云う女性の家に住む事になると云う物語。
主要な登場人物はこの二人だけであり、最初は何処か壁に阻まれている物の、少しずつお互いに打ち解けて行く過程が描かれます。
同作者様の“だれかのよどみ”のように、非常に難解なストーリーとなっておりますが、独特の少女論について作中で深く語られており、全て読み終わった後に、プレイヤーの心に様々な思いを残すような作りになっているように思います。
何処となくヨーロッパ風の世界観が漂う雰囲気で、舞台となる棗の家は、上品であるような、しかし、不気味であるような、まるで隔離された空間であるような魅力的な場所のように思えました。

複雑な物語である上、最後はあっさりと終わってしまうので、少し歯切れが悪く感じられる所がありましたが、敢えてプレイヤーに色々と想像の余地を残しているようにも思えました。
恵音が棗に引き取られた理由であったり、棗が何故この家に住む事になったのか等、それに限りなく近付いているシーンがあるにも関わらず、実はそれ等が明確に言及される事はないと云う、何ともプレイヤー泣かせなトラップが用意されているんですよね。
上記はほんの一例でしかないのですが、ここまで来たら、折角なんだから全てを明かして欲しいと思う方も多いかも知れませんね。
本作でもかなり重要だと思われる、得体の知れない不気味な金切り声の真実こそ、プレイヤーが一番気になる謎だと思うんですが、丁度良い所で終わらせると云う事は、作者様が是非ともプレイヤーに考えて欲しい所だったんだと思う訳です。
私の中でもおぼろげには答えが出ているのですが、それが作者様の意図している物ではないかも知れませんし、勿論受け取る側によって、無数の答えと云う物はあるのでしょうから、クリアした方同士で各自の認識を話し合うのも面白そうだと思いますね。

●だれかのかがみ
・制作者:ウミユリクラゲ(代表:丹酌)様
・制作者ホームページ名:不明
・制作者ホームページURL:不明
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/2200
・種別:フリーソフト
・ジャンル:少女論考察ADV
・ボリューム:やや短編
・制作ツール:LiveMaker
・推奨年齢:15歳以上(高校生~)

お風呂後のあのやり取りから、もしかしたらと思ってはいたのですが、棗に変身させられた恵音が自分の姿を見た時のシーンは、かなり衝撃的でしたね。
棗はあの時、恵音から言われた事に対して、軽い憎しみや嫉妬の感情を持ってしまったのか、それとも、単純に恵音を自分の娘のように思ったのか、もしくは過去の自分と重ねてしまったのか、何れにしても、髪まで切ってしまい、予想とは遥かに掛け離れた自分の姿を見て、恵音としては裏切られた気持ちが強かったのではないかなと思いました。
最初、幾ら何でもこれは酷いよなと思いましたからね。
まあ、恵音は恵音でこの時の細やかな復讐の意味も兼ねていたのか、後で飛んでもない事をする訳なのですがね(笑)。
何だか第三者が見ては行けない禁忌のような物であって、見ているこっちも恥ずかしくなってしまうようなシーンでありました。

歳の差百合……と云う訳ではないのですが、まるで姉妹のような、母娘のような、でも、それとはまた違うような、一筋縄では行かない関係や絆を見る事が出来たような気がします。
私は男性ではありますが、一言で言い表す事が難しい少女論について考察出来、また一つ理解を深められたように思います。
クリア後にタイトルを見ると、また本当に良くストーリーに則した言葉だなと思えますよね。
難解な物語が好きな人、女性同士の紡ぐ物語が見たい人、少女論について考察したい人等には、是非とも遊んで頂きたいと思えた作品でした。

それでは、これにて失礼致します。
 

【感想】琴瑟相和

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 7月 5日(土)21時59分26秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、阿木 日香里様の制作された、百合脱出ADV、“琴瑟相和”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は双子の妹、瑟を探しに来た姉、琴が見知らぬ家から脱出すると云う物語。
物語の目的は勿論、瑟と再会し、2人でこの家から出る事です。
琴は軽い記憶喪失状態になっているようで、瑟を追って来た事以外、この家に来た理由も分かりません。
何もかもが謎の家を探索し、この人気のない家で起こった出来事を知り、瑟との記憶を取り戻しましょう。
若干グロテスクな描写や、性的な描写等も含まれておりますので、推奨年齢通りの作品となっていると言えますでしょうか。

探索ゲーですので、様々な部屋へ足を運んで、アイテムを探したり、フラグを立てながら進んで行く訳ですが、攻略難易度は比較的易しめであり、謎に行き詰って進めなくなって断念すると云った事はないかと思われます。
但し、エンディングの数が5種類と多めであり、序盤の方の、とある人物と同行する形になるか否かのイベントの時点で既にルートが分岐し始めますので、何度か最初からプレイをし直したり、ロードに頼る必要はありますね。
気になった点としましては、様々な場所を探索しなければならないのに対して、キャラの歩行速度がとてもゆっくりペースなので、せっかちな人にとっては若干ストレスが溜まりそうな所ですかね。
後は地下の部屋で、とある人物に話し掛けた時に、イベントキャラグラが何故かオッサンの姿に変化してしまう所とか。
逆に言えば、バグと言う程のバグは全くなかったので、テストプレー等もしっかりされていたのだろうなと推測出来ます。

家の住人が残している日記を読み、この家で一体何が起こったのか、それを少しずつ解き明かして行くのも面白いのですが、この作品、実に真面目で純粋な百合が描かれているんですよね。
過激な百合描写自体はない物の、2組の百合カップリングを見る事が出来、どちらも本当にキャラ同士の深い想いが伝わって来て、とっても感動出来るストーリーになってまして。
比翼の取った行動は決して許される物ではありませんが、彼女と連理の過去は同情する程に悲惨な物であり、それでも時を超えて尚、お互いの気持ちが通じ合っていて、本当に泣けて来そうになりました。
この物語はこの2人がいなければ始まらなかったのでしょうし、実際に全てのエンディングに絡んで来る事もあり、琴瑟カップリング以上に、全編を通してこの比翼連理カップリングが中心となっていたイメージがあります。
とは言え、琴瑟も琴瑟でとても良いカップリングで、END5のラストの方で琴が瑟に言ってくれた台詞も強く心に残りまして、確かに人を好きになる気持ちってのは、本当に素晴らしい物なんだなと納得させられてしまいましたね。

●琴瑟相和
・制作者:阿木 日香里様
・制作者ホームページ名:不明
・制作者ホームページURL:不明
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/7065
・種別:フリーソフト
・ジャンル:百合脱出ADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:RPGツクールVX Ace
・推奨年齢:15歳以上(高校生~)

琴瑟のキャラグラが同じ事もあり、どちらがどの台詞を喋っているのか分かり辛かった所もありましたが、感動的なストーリーが待っていますので、是非ともプレイヤーの方にはEND5を見てもらいたいですね。
私はEND5が最後になってしまったのですが、END5を見た後に他のエンディングを見ると、また違った感動を味わう事が出来そうな気がしました。
END5のヒントは急ぎ過ぎない事と、光……ですかね。
脱出ゲームにしてはストーリー性が非常に強く、謎解きよりも物語がメインである印象を受けました。
百合好き、脱出ゲー好きな方は、プレイしてみてはいかがでしょうか。

それでは、これにて失礼致します。
 

【感想】Stargazer-少女は星の夢を見る-

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 6月26日(木)21時57分44秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、Rainbowdimension様の制作された、学園百合ADV、“Stargazer-少女は星の夢を見る-”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は居場所を求める少女が、保健室の妖精と仲良くなると云う物語。
転校を繰り返し、友人を作る事を拒んでいたみくは、新しい学校の保健室で、ほしみと云う可愛らしい少女と出会い、二人はお互いの事を知って行き、少しずつ距離を縮めて行く……そんな、甘くて甘くて甘~~~い百合ゲーです(笑)。
学校の保健室と云う、一部の人間には聖域と呼べるであろう場所で、微妙に性格は違いますが、似た者同士の二人は親密な関係になって行くのです。
ゆるふわな雰囲気で進み、意外にも濃厚な百合スキンシップを楽しむ事が出来ますが、恐らく多くの人は序盤から予想出来るであろう話の展開で、終盤は一気にシリアスな物語へとシフトして行きます。
メインヒロインのほしみはクオリティの高いフルボイスとなっていて、貴方はみくになり切って、彼女の視点で、ほしみとの絆の物語を読み進めて行く事になります。

エンディングは全部で5種類用意されていますが、どのエンディングも見る事は簡単です。
ハッピーエンドと言えるであろうエンディングAも良かったと思いますが、心が通じ合っていた事が分かるエンディングBや、とても切ないエンディングD等も良かったと思っています(あっさり終了もありますが)。
選んだ選択肢によって、特別なCGを見る事が出来る場合もあるので、色々試してみると良いと思います。
余り見ないCatSystem2で作られているソフトだからか、他のノベルゲー等で出来る、文字の瞬間表示や速度の変更が出来ない点は、個人的にちょっとだけ気になってしまった所はあります。
CGや立ち絵が素晴らしいだけに、クリア後の特典等での鑑賞モードが用意されていないのも、ちょっと残念ではありますね。

●Stargazer-少女は星の夢を見る-
・制作者:Rainbowdimension様
・制作者ホームページ名:ニジイロうさぎとモノクロうさぎ
・制作者ホームページURL:http://rainbowdimension.jp/
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/7019
・種別:フリーソフト
・ジャンル:学園百合ADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:CatSystem2
・推奨年齢:12歳以上(中学生~)

保険医やクラスメイト等、ほしみ以外にも立ち絵が用意されている登場人物もいますが、何と言ってもメインはほしみ以外には考えられませんからね。
ほしみの事が好きになれれば、楽しい場面でも、悲しい場面でも、とても感動する事が出来ると思いますね。
あの大人なような、子供のような、保険医さんの活躍ももっと見たかった気はしましたが。
まあ、何にしても、最初の出会いからして、速攻で百合だと思いますが、非常に濃い百合描写が多数ありますので、百合豚の貴方だったら歓喜間違い無(笑)。
百合に興味がない人でも、思わずグッっと来てしまうような、感動的なシーンもありますので、是非ともプレイしてみて頂きたい物です。

続きが出そうな予感を醸し出してくれたエンディングもあったので、続編を楽しみに待ち続けたいと思います。

それでは、これにて失礼致します。
 

【感想】triple+R!

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 6月14日(土)13時12分40秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、公主様の制作された、ファンタジーADV、“triple+R!”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は地味で怪力の持ち主である三奈が、二人の退魔師と共に、妖魔の徘徊する危険な廃墟から脱出すると云う物語。
triple”のリメイク作品であり、雰囲気はほぼそのままに、ストーリー等は若干変更が加えられています。
制作ツールもLiveMakerから性能が高めのYU-RISに変わっており、演出方面も強化されているように思えました。
アスリーちゃんとガンマタリーナさんの立ち絵も綺麗になっていて、CGも美しい物になっておりますが、前回のグロテスクな雑魚妖魔の立ち絵がなくなってしまっていて、そこは個人的に少しだけ残念でした。
プレイヤーさんの想像力にお任せって事ですね。

大まかなストーリーは変わっていないのですが、未だ見た事のない三人のやり取りを見る事が出来たり、妖魔との戦いも気を抜く事の出来ない、緊張感の溢れる物になっていました。
前回は若干謎が残ったまま終わってしまった所も見受けられましたが、今回は妖魔が出現した経緯であったり、三奈が見た夢と過去の出来事に深く触れていたり、最初から最後までプレイする事で、全てが明らかになって解決する形になっていました。
まあ、ヌーコ様もヌーコ様でどうしようもないですが、命懸けの戦いに巻き込まれる割には、物事の発端は随分と呆れるような原因でありました(笑)。
ヌーコ様って言葉が出て来た時点で、直ぐに“Last cross”や“紡ぐ魂の鎖”のネタを思い出して、思わず吹き出しそうになりましたけどね。
全体的に妖魔は今回の方が圧倒的に怖かったのですが、上記のような背景もあり、シリアス度は前回の方が上かも知れないと思ってしまいますね。

●triple+R!
・制作者:公主様
・制作者ホームページ名:mystic night
・制作者ホームページURL:http://red.ribbon.to/~horriel/
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/4047
・種別:フリーソフト
・ジャンル:ファンタジーADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:YU-RIS
・推奨年齢:全年齢

今回はおまけ要素は非常に少なく、本編は三奈視点のみで、アスリー視点は用意されていないので、思った以上に直ぐに終わってしまいます。
ですが、所々ストーリーも変更や補完がされていて、ラストもリメイク前はちょっぴり切ないままの終わり方でしたが、今回は本当のハッピーエンドと云う感じでした。
三奈の主人公であるにも関わらずの地味さ、目立たなさや、アスリーちゃんの外見に反する腹黒さ、ガンマタリーナさんのネタキャラ度、親父臭さ等々、キャラはリメイク前と同等の活躍を見せてくれました。
個人的には折角女の子だけのパーティーなので、もっと百合百合度が欲しいかな……と(笑)。
後、リメイク前でも出て来た彼は、リメイク後でも哀れな扱いでした。

気になる方は、リメイク前もリメイク後の本作も両方プレイして、どのように変わったのかを楽しんでみるのも良いかと思います。
女の子同士の友情や、強敵との熱いバトルを楽しみたい方は、是非ともプレイしてみてはいかがでしょうか。

それでは、これにて失礼致します。
 

【感想】暗黒を愛する闇夢

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 6月12日(木)23時01分2秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、公主様の制作された、ファンタジー友愛ADV、“暗黒を愛する闇夢”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は魔女の主人公が、知人の魔法使いの男性シェスや、知り合った人間の少女フィリウェンツェールと共に、ハロウィンの夜を過ごすと云う物語。
異端者である魔女や魔法使いは迫害されていると云う、若干重くて暗い世界観が漂っておりますが、物語自体は意外にも明るい雰囲気であり、異端者同士や人間との深い絆が描かれているお話です。
選択肢が非常に少なく、攻略のヒントすら得られるようになっている親切設定で、誰でも簡単に全てのエンディングを見る事が出来るシステムになっています。
攻略対象には男性であるシェスがいるので、乙女ゲーであると言えますが、女性のフィリウェンツェールとのエンディングもあるので、ちょっぴり百合ゲー要素もあると言えますでしょうか。
まあ、シェスの方とは違い、フィリウェンツェールとは単純な友情しか芽生えてはいないと思いますけどね(笑)。

シェスは生真面目で冗談が通じなそうなタイプですが、彼のルートに入ると、見ているだけで微笑ましいやり取りを目の当たりにする事が出来ました。
心の中で何度も「おい、そこは頑張れよっ!」と言いたくもなりましたが、彼等の時間は永遠であり、何時かきっと想いを打ち明けられる日が来るだろうと云う形の終わり方は、想像を膨らませてくれ、惜しいなと云う気もしつつ、悪くはないなとも思いました。
フィリウェンツェールは明るく好奇心旺盛なタイプであり、彼女に主人公が振り回される感じが良いですよね。
人間と魔女では住む世界が違うのに、お互いに認め合って、お互いに寄り添って、何か凄く良い関係だなと思えましたね。
年齢も全然違うので、まるで主人公がフィリウェンツェールのお姉さんのような物で、元気な妹にグイグイ引っ張られて行く感が良かったと思います。

●暗黒を愛する闇夢
・制作者:公主様
・制作者ホームページ名:mystic night
・制作者ホームページURL:http://red.ribbon.to/~horriel/
・ダウンロードURL:http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/game/se439986.html
・種別:フリーソフト
・ジャンル:ファンタジー友愛ADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:LiveMaker
・推奨年齢:全年齢

面白いと思ったのは、三つ目の選択肢で、好感度の上りが一見ちょっと予想外なんですよね。
普通は人間が好きだと言ったのなら、人間であるフィリウェンツェールの方が喜びそうな気がしますが、実は好感度が上がるのはシェスじゃないですか。
シェスが主人公に好意を抱いているのは、もしかしたら自分達を弾圧する人間の中にも、自分達を理解してくれるフィリウェンツェールのような優しい人間がいると云う事を分かっている、そんな所だったのかななんて思ったりしました。
その割には良く怖い事言ってますけどね、彼女(笑)。
個別エンドも良かったのですが、三人で仲良く幸せにしている所を見られるノーマルエンドも、胸が温かくなって良かったですかね。

バッドエンドがない所も個人的には嬉しかったです。
にしても、作者様は外見年齢は若くて、実年齢が高齢と云うキャラを採用する事が多いように思われ、そう云ったキャラが凄く好きなんだろうなと伺えますね。
まあ、私もギャップのあるキャラが大好きですが(笑)。
男性も女性も両方とも攻略可能な乙女ゲー兼百合ゲー、是非とも男性にも女性にもプレイして頂きたい物ですな。

それでは、これにて失礼致します。
 

【感想】triple

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 6月12日(木)21時37分19秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、公主様の制作された、ファンタジーADV、“triple”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は地味だけど、怪力の持ち主である三奈が、不思議な退魔師の二人組と共に、妖魔の蔓延る異世界を旅すると云う物語。
二人組の片方は、外見はまるで人形のような毒舌家美少女のアスリー、もう片方は身体も態度もとっても大きなアスリーの師匠のガンマタリーナ。
何とメインの登場人物である三人は全て女性であると云う、ほんのちょっぴり百合っぽいお話です(笑)。
異世界に入ってからは妖魔とのバトルがあるので、若干緊張感が高まりますが、シリアスな雰囲気は殆どなく、終始明るく面白い展開が続きます。
妖魔の立ち絵はキモい(褒める意味)ですが、グロテスクな描写もほぼありません。

面白かったのはやっぱりガンマタリーナさんで、巨大猫の姿になってしまった理由もアホ過ぎですし、変身シーンも最早笑い所にしかならないのですが、結局一番良い所を持って行ってしまったと云う、超優遇されているキャラでした。
どう見てもあの外見や仕草から、マスコットキャラが良い所って思っちゃいますけどね。
アスリーもイメージを色々とぶっ壊してくれて、師匠を見下している所等、腹黒さを沢山見る事が出来ました。
彼女が気絶した三奈を起こす方法の酷さが徐々にエスカレートして行って、あのガンマタリーナですら止めざるを得なかったシーンとか、もしこのまま行ったらどうなっちゃうんだろうって、内心ヒヤヒヤしてしまいました(笑)。
逆に地味地味と言われている三奈は、やはり他の二人に比べると際立った特徴がなく、こんな主人公も面白いかなと思いましたね。

●triple
・制作者:公主様
・制作者ホームページ名:mystic night
・制作者ホームページURL:http://red.ribbon.to/~horriel/
・ダウンロードURL:http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/amuse/se433278.html
・種別:フリーソフト
・ジャンル:ファンタジーADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:LiveMaker
・推奨年齢:全年齢

普段は馬鹿にしていても、本当は師匠を尊敬している所に、アスリーとガンマタリーナの深い絆を感じましたね。
ラストの方はちょっぴり感動的な展開になっていました。
クリア後はアスリー視点での物語も楽しむ事が出来、三奈視点では見れなかった裏のエピソード等も見れて良かったです。
緩々な雰囲気で、異世界での冒険を楽しめますので、女の子同士の友情物語が見たい方、バトル要素が好きな方等は、是非とも遊んでみて頂ければと思います。

それでは、これにて失礼致します。
 

【感想】雨空の下で出会う

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 6月11日(水)22時53分31秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、公主様の制作された、神様会話ADV、“雨空の下で出会う”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作は主人公の寡黙な少女が、大蛇の神様と出会い、雨が止むまでの短い間、彼と会話をすると云う物語。
龍神宮島の神の花嫁”の世界観を踏襲していて、同作者様のゲームは暗くて重いお話が多いのですが、本作はとてもほのぼのとしていて、ちょっぴり切ない、そんな内容になっています。
初めて出会った者同士の少女と神様が、雨宿り中の一時に言葉を交わすと云う物語ですので、恋愛要素はそれ程濃くはなく、飽くまでも友人同士としての会話内容と云ったイメージでしょうか。
好感度も用意されていて、それによってエンディングも変わって来るのですが、難易度としては非常に易しめであると言え、好感度に絡まない選択肢は自由に選んで問題ない形になっています。
面白可笑しい選択肢も用意されていて、色々選んで神様のリアクションを楽しめるのがポイントです(笑)。

メインの登場人物は主人公以外に、大蛇の神様である修羅様と、主人公の友達の琴音ちゃんの二名になり、何とクオリティの高いボイス付きです。
修羅様は大蛇の姿と人間の姿を持っていて、200年の時を生きていますが、常に上から目線で偉そうな言葉使いをし、まるで精神年齢は子供みたいに幼い神様になります。
神主やその息子との絡みがあるからなのか、和風な雰囲気に反して、外来語やオタク用語等に妙に詳しい所があり、色々と変な知識を持っていて、主人公との会話では笑えるシーンが多々ありました。
琴音ちゃんは穏やかで優しい雰囲気の女の子ですが、ほぼ序盤の方しか出番がありませんでした。
実は龍神宮島の神の花嫁の主人公であり、同作をプレイ済であれば、本作で使われる一部のネタが分かって、得した気分になれるかも知れません。

●雨空の下で出会う
・制作者:公主様
・制作者ホームページ名:mystic night
・制作者ホームページURL:http://red.ribbon.to/~horriel/
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/3285
・種別:フリーソフト
・ジャンル:神様会話ADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:LiveMaker
・推奨年齢:全年齢

個人的にはこの世界観には余りに場違いだった、オタク道まっしぐらの神主の息子が面白(キモ)過ぎて、修羅様の声優さんのコメントボイスで、修羅様と神主の息子の会話のやり取りをしてくれたシーンは笑えました。
絶対にこの神主の息子は何れ犯罪者になるだろ(笑)。
琴音ちゃんも凄く可愛かったし大満足です。
主人公と修羅様は本作の段階では友人同士になれたと云った感じですが、やがては琴音ちゃんや龍神様のようなバカップルになってしまうのでしょうかね。
尤も、修羅様は龍神様とは正反対の性格をしているので、良い夫になってくれるかどうかは分かりませんが(笑)。

所で、何故主人公は修羅様の姿を見る事が出来たのでしょうかね。
これも愛の力?
胸が自然と温かくなる、良いお話だったと思います。
ほのぼのとした世界を舞台に、美少年(見た目)の神様と会話を楽しむちょい乙女ゲー、是非ともプレイしてみてはいかがでしょうか。

それでは、これにて失礼致します。
 

(無題)

 投稿者:ドルオタのゲーム実況  投稿日:2014年 6月11日(水)21時15分41秒
返信・引用
  ヤフオクでTwitter関連商品を 出品中です。 ↓是非、ご確認下さい!

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/heartcall119

 

【感想】永遠の言葉

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2014年 6月11日(水)20時24分58秒
返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、公主様の制作された、脱出乙女恋愛ADV、“永遠の言葉”で御座います。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

本作はトレンドの精霊術士ヴェローナと、彼に憧れている異質者の女性主人公が、バフォーラに閉じ込められてしまった屋敷から脱出しようとする物語。
攻略対象キャラは“永遠の牢獄”、“永遠の牢獄Ⅱ”でもお馴染のヴェローナとなっており、パドウァ等他の男性キャラは名前のみの登場となりますが、その分、ヴェローナと主人公の、恐怖極まる状況に追い込まれた中での温かいやり取りを見る事が出来、ヴェローナの様々な一面を見る事が出来ます。
ヴェローナって凄くカッコ良いですよね。
言葉使いは荒っぽいですが、本当は凄く優しくて、とても強くて、しかもイケメンで、そりゃあ女性にもモテる訳だわと思います(笑)。
男性としても憧れちゃいますよね。

今回は脱出ゲー要素がある為、探索した場所によって、攻略の鍵となるアイテムが得られるんですよね。
それ以外にヴェローナからの好感度も用意されており、二択の選択肢の組み合わせで得られるアイテムも好感度も変わって来て、上手く行けば素敵なエンディングを見る事が出来ると云う訳です。
条件が結構厳しいので、バッドエンド以外の二種類のエンディングを見るのであれば、一周目クリア以降に見られるヒントも活用した方が良いかも知れません。
逆に言えば、ヒントさえ見れば、誰でも簡単に全てのエンディングを見る事が出来ます。
グロテスクだったり、性的なシーンは多めで、バッドエンドはかなり悲惨な内容となっていますが、他のエンディングのルートでは凄く熱いバトルシーンを楽しめ、ラストも幸せ一杯な内容となっておりました。

●永遠の言葉
・制作者:公主様
・制作者ホームページ名:mystic night
・制作者ホームページURL:http://red.ribbon.to/~horriel/
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/3191
・種別:フリーソフト
・ジャンル:脱出乙女恋愛ADV
・ボリューム:短編
・制作ツール:LiveMaker
・推奨年齢:15歳以上(高校生~)

忘れちゃ行けないのがバフォーラの愛花さんで、最初は紳士的(?)な雰囲気で近付いて来たのに、突然バフォーラとしての凄まじい残虐性や戦闘力を見せ付け、尚且つポエマー臭漂っていて、まるで演劇役者のような台詞が多い等、兎に角、何でもアリなキャラであり、悪役としては面白くて気に入りました。
多少なりとも人間に似ている部分があったので、もしかしたら元々は人間だったんじゃないかななんて想像もしていたのですが、バフォーラはバフォーラで人間とは異なる存在なのだと思わされるシーンも多々ありましたね。
きっと何かしら辛い事情を抱えていて、誰かの為にこんな事をしているのではないかとも想像していたのですが、結局は最初から最後まで全部自分自身の為であって、彼(彼女?)の行動の動機を知った時には呆れました。
コイツは同情する余地もない、どうしようもない悪なのだなと(笑)。
愛花さんに愛への興味を持たせた、人間に好意を抱いたバフォーラの存在が気になりますが、今後のシリーズで出て来てくれたら嬉しい所ですね。

今回は女性主人公の顔や姿も描かれていましたが、ヴェローナにお似合いな位に可愛い女の子で、鈍感なヴェローナが羨ましく思えちゃいました(笑)。
単純な恋愛感情ではなく、憧れの想いが特に強かったように思えましたね。
恐怖の屋敷の中で異性と愛を深める乙女ゲーです。
脱出ゲーが好きな人にもお勧めですので、是非ともプレイしてみて下さい。

それでは、これにて失礼致します。
 

レンタル掲示板
/36