teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 眼鏡侍の自作フリーゲーム(15)
  2. アニメの感想書いちゃるぜぃ!(19)
  3.  (178)
  4. ネトゲ冒険日誌(9)
  5. 物語を始めよう(15)
  6. 素材をせっせと作りましょ(2)
  7. お勧めのゲームを教えて欲しい(1)
  8. フリーゲームの音楽素材に歌詞を付けよう(13)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:8/360 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【感想】タオルケットをもう一度5~がぅがぅの花嫁~

 投稿者:眼鏡侍  投稿日:2015年 8月18日(火)22時27分2秒
  通報 返信・引用
  何時もお世話になっております。
(株)P・Sの眼鏡侍です。

今回ご紹介させて頂きます作品は、水野様の制作された、ファンタジーRPG、“タオルケットをもう一度5~がぅがぅの花嫁~”で御座います。
ネタバレを含みますのでご注意を。
それでは、簡単に感想を書かせて頂きますね。

【気になった点】
・下ネタのオンパレード。明るく描いてはいるが、相当にドギツいシーンも。個人的には好きだが、間違っても子供達にはお勧め出来ない(笑)。
・直ぐに相思相愛になるろっぺんちゅと猫舌の愛に軽さを感じる。それまではろっぺんちゅとぽんぺちゃんの百合的な話だっただけに、俺の心は……(涙)。
・細かい事だが、ぱりぱりうめの攻撃が、ゆっくりモーションを2度見なければならず、意外とストレスを感じた。

【良かった点】
・本来ならばシリアスな展開になるところでさえ、ギャグっぽく見えてしまう明るいノリのストーリー。ぷっちもろっぺんちゅもとんでもない事しているんだけどね(笑)。
・タオケシリーズでは当然だと思われても仕方がないグロ描写がほぼない。そういった意味では誰でも安心してプレイ出来る(尤も性的な方は100%NGだが(爆))。
・戦闘的な意味でも、ストーリー的な意味でも、パーティーキャラが多過ぎず、適度な人数になっている。

本作の特徴は、まずは何と言っても「明るいイメージ」、これに尽きると思います。
タオケシリーズと言えば、ファンの方はエロ、グロ、鬱といったキーワードを挙げられる方が多いと思いますが、本作はこの内、グロ、鬱についてはほぼないと言っても良いと思います。
いや、実際には大きな声ではとても言えないような、とんでもない事をパーティーメンバーになるキャラの何名かはしてしまっているのですが、それすらギャグで片付けてしまって良いような描写となっていて、プレイヤーが心を病んでしまうような事はないと思います。
そんな背景もあって、私は序盤から死んだ人達は全員生き返るんじゃないだろうか……なんて思っていたのですが、ま・さ・か・ね~(笑)。
クリアもしていないのにいきなりエンディングとか、メタネタ度も非常に高いです。

それと引き換えにと言っては何ですが、エロネタは従来のタオケにはない程に凄まじく高く、笑って済ませられる下ネタは多いものの、生々しくて若干引いてしまうような描写も多々見られ、プレイヤーによっては少々鬱な気持ちになる可能性はあります(私もでした)。
それが魅力なんだと言えばそうなんでしょうけどね。
先に進めば進む程、ぽんぺちゃんは汚れて行くけれど、それでもろっぺんちゅの事だけを一途に想い続けるところは、百合好きの自分としては泣けましたね。
ぽんぺちゃんとろっぺんちゅの百合会話(一方的だけど)が好きで好きで堪らなかっただけに、ぱっと出の猫舌とろっぺんちゅが、あっと言う間に相思相愛になる姿を見て、何でこんなに展開が早いのかと疑問に思ったり、猫舌邪魔すんなって思ったりしてしまいました。
個人的な意見で申し訳ないのですが、やはりここが物凄く辛かったですね……。
勿論、猫舌のろっぺんちゅを想う優しさ等、イベントでは心を揺れ動かされたりはしましたけれども。
因みに、初登場であんな事をしたがぅがぅ様が仲間になるというのは、全く予想出来なくてビックリしました(どう見ても悪者だし)。

変わり果てた世界を下へ下へと下って行き、地球の真ん中を目指すという事が旅の目的になる訳ですが、各階層の雰囲気が個性的であり、次の階層に行く事が楽しみに思えました。
でも、一番好きだったのは序盤の恐竜達が生きる階層でしょうか。
変だけど可愛らしい恐竜が沢山いて、プレイヤーキャラ達に劣らない魅力がありました。
子供が殺されてしまった事を知ったステゴザウルスのお母さんの気持ち、凄く良く伝わって来て、泣けそうになりました。
アレはね……そりゃあ怒りますわ……。

やはりメインはろっぺんちゅと猫舌の恋物語で、明るいノリのストーリーの中でも、ちょっぴり(?)シリアスなシーンが用意されていましたが、ラストは大団円ではあるものの、少しだけ切なさが残るような終わり方だったように思います。
作中一番の衝撃だと私が思うのは、こほんこほんちゃんからろっぺんちゅの正体を明かされるシーンでした。
ろっぺんちゅは只者ではないと薄々感じてはおりましたが……ねぇ?
確かにろっぺんちゅと猫舌のやり取りに感動はしたんですが、私としてはやっぱりどうしてもぽんぺちゃんが可哀想で可哀想で……。
せめてぽんぺちゃんとの百合エンドを見る事が出来たのなら、あんな散々な目に遭った彼女も報われるだろうと思うのですが、そう考えるとろっぺんちゅと猫舌の感動シーンを素直に喜べない自分がいます。
アレですね……タオケ2でも、牛ちゃんが余りに良い娘過ぎて、子供達も素直で可愛かった為、主人公とぱりぱりうめのラストの感動を素直に喜べないという事がありましたが、それと本当に一緒ですわ。
どうも私が気に入る優しくて素敵なキャラが、このシリーズでは報われなくてガッカリするってパターンが多い訳なんですね……。

まあ、色々言いましたが、戦闘難易度も易しめで(猫舌はある程度育てておく事を推奨)、敵も避けて通れますし、短時間で面白可笑しい摩訶不思議で愉快な冒険を楽しむ事が出来ますので、是非一度プレイしてみて頂けたらと思います。
私としては、タオケシリーズでは本作は間違いなく上位に入る位、お気に入り作品となりました。
これでぽんぺちゃんが報われてくれれば、もう言う事もなくなる位なのですがね。
もうがぅがぅ様とカプってくれればそれで良いや(涙)。

●タオルケットをもう一度5~がぅがぅの花嫁~
・制作者:水野様
・制作者ホームページ名:タオルケットをもう一度
・制作者ホームページURL:http://mizunoterukazu.blog.fc2.com/
・ダウンロードURL:http://www.freem.ne.jp/win/game/2942
・種別:フリーソフト
・ジャンル:ファンタジーRPG
・ボリューム:やや短編
・制作ツール:RPGツクール2000
・推奨年齢:全年齢

それでは、これにて失礼致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/360 《前のページ | 次のページ》
/360