teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 平塚正幸 朝霞監禁被害者少女を誹謗中傷(0)
  2. 平塚正幸 朝霞監禁被害者少女を誹謗中傷(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


レンホーを徹底的に叩け!

 投稿者:酒呑童子  投稿日:2017年 7月20日(木)20時28分18秒
返信・引用 編集済
  敵は叩けるときに叩き、潰せる時に潰し、殺せる時に殺す!これぞ兵法の第一義である。
レンホーは今こそ、徹底的に叩いて叩いて叩いて叩き潰すべきである。水に落ちた犬は叩け!容赦なく徹底的に叩いて、息の根止めろ!

もうこの辺りでいいだろうと手を緩めるのが一番いけない。日本人の悪い所であり、最大の欠陥である。孫子の兵法で、6分7分の勝でいい、10割勝とうとしなくてよいと書かれてる部分がある。日本人は、この部分を好んで引用し、実践しようとする。そこが間違いなのだ。日本人は人が良すぎるのである。

そもそも支那朝鮮人は、6分7分の勝ちでよいなどとは思わない。必ず10割勝とうとする。そして欲しいものは全部手に入れようとするのだ。つまり、支那朝鮮人は孫子の兵法のこの部分を実践していないのである。徹底的に叩き潰して、全部我が物としようとする。それが支那朝鮮人の生来の習性であり、奴等三千年の文化と伝統なのである。

現実に尖閣諸島問題、台湾問題、チベット問題、ウイグル問題を観てみれば、自明であろう。
6分7分でよいから、4分3分は「譲って残してやる」なんてことはしてないだろう?
二言目には「核心的利益」だとかほざいて、全部分捕ろうと考え実行してるではないか。最初から10割全部を分捕って我が物にしようと侵略しているのである。これが実態である。

ただしそうそう完全に勝ち切れるとは限らない。勝ちきれなければ仕方がないから、6分7分の勝ちで手を打とうとするのである。ところが支那朝鮮人は見栄っ張りかつ傲慢であるから、勝ちきれなかったから手を打ったとは言わない。6分7分で手を打って「大人の度量」を示したのだなどとミエミエの嘘をつくのである。そしてそれに騙される日本人が未だに居るのである。これが真相だ。

だからこそ、手加減など一切してはならないのだ。徹底的に叩いて叩いて叩き潰し、奴等の「手駒」を一つ確実に潰しておくべきなのだ。政治闘争とはこういうものである。

とにかくレンホーを早く辞めさせろ!やつの政治生命を絶て!
執拗に追い討ち掛けて息の根止めて葬り去れ! それこそが支那朝鮮人の手口である。奴等の手法を徹底的に見習い実践すべきである。そこまでしないと、奴等には勝てない。

戦前は奴等を圧倒するほどの軍事力と敢闘精神(武家政権下で涵養された尚武の気風)があった。だがいまはもはやないのである。だったら、綺麗事など言ってられる余裕などはない。支那朝鮮人と同じ思考回路を持ち、支那朝鮮人と同じ行動様式を持つべきである。そうしなければ、到底対抗しきれないのである。
 
 

国会議員の二重国籍問題~豪州

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 7月20日(木)20時12分13秒
返信・引用
  国会議員に関しては移民国家であっても二重国籍は許されません。
これは差別ではないのです。別の国の国籍を有していた場合
その人物は今自分の尽くさなければいけない国では無くて、
別の国に対して忠誠を誓っている、スパイの可能性もあるからです。

国籍法の再整備とスパイ行為に対する、厳罰を含む法案の成立が望ましい。


豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解

2017年7月14日 16時10分
時事通信社


【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。

 ラドラム氏はニュージーランド生まれで、幼少時に家族と共に渡豪。グラフィックデザイナーを経て、政界入りした。ラドラム氏は14日、西部パースで記者会見し「10代で豪州に帰化した際、ニュージーランド市民権は消滅したと思い込んでいた」と説明した。最近になり問題を指摘されたという。 
 

嘘つき蓮舫墓穴を掘る

 投稿者:朝鮮人が大嫌いな日本人  投稿日:2017年 7月19日(水)23時40分11秒
返信・引用
   二重国籍を売りにしていた奴が、二重国籍を隠して国会議員になり、今度は記者会見で開き直りですか。胡散臭い会見内容に様々な疑念が沸き起こっている。四重国籍説まで出ているようですが、本質は一点だけです。
 二重国籍を隠し(つまり経歴詐称して)立候補し国会議員に選出された。

 れっきとした犯罪行為。

 菅直人が新党結成に色気を出しているということは、奴でさえ民進党の死臭を嗅いだということだ。
 自分が死体になって埋葬されるか、司直の手に身を委ねるか。いずれにしろロクな選択肢は残っていない。自業自得ですな。
 

朝鮮学校問題の方が国益を損なっている

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 7月19日(水)18時59分35秒
返信・引用 編集済
  当然の結果が出たといえばそれまでだが、司直の中には反日工作員も
含まれてるので、よくぞ正しい裁判官が担当できたと思う。

馬鹿なマスゴミが加計問題とか森友学園問題をやり玉に挙げているが、
この朝鮮学校と称する、反日工作員機関の存在こそ取り上げて血税を
使うな!と呼びかけるべきであろう。差別ではなく、日本人ではない
テロ組織を除外しているだけである。

これを差別と称する在日がいるだろうが、仮に差別としても、差別をされる側に
差別される原因があるという事。日本人拉致問題や核・ミサイル問題を受けて
自分たちが関係ないと感じていること自体、異常な感性の人種といえよう。

そうそうに偉大なる将軍様の待つ、愛するべき祖国に帰国することをお勧めする。



無償化除外取り消し認めず=朝鮮学校側が敗訴―広島地裁


7/19(水) 16:10配信

時事通信

国が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外したのは違法として、広島朝鮮高級学校(広島市東区)の運営法人と同校の卒業生ら109人が、国に除外の取り消しや総額約5600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、広島地裁であり、小西洋裁判長は訴えを退けた。


 同種訴訟は他に東京、大阪、名古屋、福岡の4地裁・支部でも起こされており、判決は初めて。

 2010年に始まった高校無償化は、公立高校で授業料を徴収せず、私立高校生には就学支援金が支給される制度。外国人学校などは文部科学相の指定を受ける必要がある。訴状によると、運営法人は同年11月に指定を申請したが、国は13年2月に不指定通知を出し、運営法人が指定を受ける根拠となる規定を削除した。

 原告側は「除外により民族教育を受ける権利が奪われた」として、憲法が保障する教育を受ける権利などを侵害されたと主張。国が規定を削除したのは、拉致問題や朝鮮総連との関係を理由にした朝鮮学校の排除が狙いだとして、法の下の平等にも反すると訴えていた。

 国側は、運営法人は朝鮮総連や北朝鮮との密接な関係が疑われ、支援金が授業料以外に流用される恐れを否定できないとし、判断に違法性はないと主張していた。
 

大阪・川崎・東京から反日人種の排除を!

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 7月17日(月)15時20分14秒
返信・引用 編集済
  有体に言うならここに保守政治家の姿が無いのが不満だな。
西村慎吾議員を筆頭とする愛国派は何をしているのだろうか???
西村議員は最近は活動の幅を縮小させて、行動しない保守と化して
いるのはいささか悲しいものがあるね

自国民よりも外国人。それも反日人種の肩を持つ
メディアを叩き潰さなければいけない。朝日新聞を読んで
いる人を見ると馬鹿に見えてくるぜ!



http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/


朝日新聞デジタル

排外主義的な団体がデモ、数百人抗議し周囲騒然 川崎


 川崎市中原区で16日午前11時ごろ、排外主義的な主張を掲げる団体のメンバーらがデモをした。団体関係者は事前に「ヘイトスピーチはしない」とインターネット上で予告していたが、過去に在日コリアン排斥などを繰り返し訴えてきた男性らが中心人物だったため、反対する市民ら数百人が集まって抗議し、周囲は騒然となった。

 デモは市民らが待ち構えた場所より少し離れた場所で始まり、「デモこそ人権」というプラカードや国旗を掲げた。反対する人たちが取り囲んだり、路上に座り込んだりして、「ヘイトデモ中止」「帰れ」などと抗議。神奈川県警が警察官数百人で警戒にあたった。デモの一団は短時間で引き揚げた。

 市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」のメンバーらはデモに先立ち、平和公園などで抗議活動をし、「デモはともに生きる地域社会への重大な挑戦」「差別をする人たちは断罪されなければならない」と声を上げた。

 中原区ではヘイトスピーチ対策法の施行間もない昨年6月、同じ男性が主宰する団体のメンバーらがデモを計画。多くの市民らに取り囲まれ、県警の説得も受けて出発直後に中止した。以降、川崎市内では目立った排外主義的なデモはなかった。団体関係者はネット上で、「昨年のデモを再現することこそが〈勝利〉となる」と主張していた。(伊藤和也、河井健)

朝日新聞社

 以上

 デモにおいてヘイトスピーチが行われたーとか、ヘイトスピーチのプラカードが掲げられたという事実はない。よって本来は「ヘイトデモ」などと報じてはならない。

 さて、どのような光景だったのか、3名のカメラマンがマイクロバスに同乗して記録されたので、それをここで紹介します。
 

中曽根弘文氏の今後・・・・

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 7月15日(土)14時02分37秒
返信・引用 編集済
  妹の旦那が暴力団の経営する風俗に通っていた、
文部科学省の前川事務次官とはねw
結婚した当初はエリートという肩書で喜んだだろうけど、
実際は腐敗した官僚で、おまけにスケベオヤジだという事実が
判明して内心どう思っているんだろうか?

離婚したらwww

中曽根氏自身は、人物的は悪い人ではないんだろうが、
さすがに親父さんとは違い、毒にも薬にもならない。
何か発言するべきだと思うんだけどさ。

これで総理総裁はダメになっただろうね、馬鹿な義理の弟のせいでw
馬鹿でスケベな前川のしたことは、【群馬の名門】中曽根一族に
泥を塗ったことだろうね。その程度の一家に成り下がったという事。
貧困女子の調査、国家戦略や省益以前に、家庭と親戚との関係を
考えるのが最優先では??
 

青山氏を当選させてよかった

 投稿者:朝鮮人が大嫌いな日本人  投稿日:2017年 7月15日(土)09時58分52秒
返信・引用
   大変な参考人を呼んだものだ。前川は官僚のクズと喝破した人がいたが、文科省・獣医師会という既得権益保護団体の詭弁を論破するに足る内容。官僚出身者だからこそ、文科省・前川の手のうちなどお見通しと言うことだ。

 青山氏を議員にしておいてよかった。

 コメントにも出ているが、後ろにいる杉尾というバカ(TBS出身)は質問を嘲笑したり居眠りしたり、態度が悪過ぎ。流石は礼儀知らずのマスゴミ非人。

https://www.youtube.com/watch?v=MdsZIGBiA98

 

劉暁波を殺したのは中共ではなく民主主義国家である

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 7月14日(金)22時38分28秒
返信・引用 編集済
  中国民主化のリーダーといわれる劉暁波氏が死去した。
死因は肝臓癌だったとか?癌が事実か暗殺なのかは不明だが
彼が亡くなったことは事実だろう。

彼の死が無駄死にではない事を願いたいが、彼を殺したのは
直接的には中国共産党ではあるが、実のところその彼を見殺しにして、
中国の経済力におもねる、『欧米諸国の民主主義陣営』こそ、
真の犯罪者ではないか?それこそ人権重視のオバマ政権時代から
彼の存在は知られていたはず。

彼が死んだ当初、米国のトランプ大統領、フランスのマクロン大統領も
習近平のことを自分の大切な友人と語り、暫くしてから劉暁波氏に対して
慌てて短くコメントをしただけだった。

中国政府もそんな民主主義国家の足元を見ているのか、現在世界から中国政府に
対する批判も時間が経てば、やがてしずまるとみなす意見が出ているようだ。
民主主義国家は完ぺきに舐められているのである。仕方がなかろう口先だけの
批判で終わりそうなのだから。

それこそ、民主主義国家は自由と人権を否定する、共産主義国家と
国交を結んで、経済関係を結んで利益を得ていること自体が間違いではないか?
気が付かないのか、気が付いてはいても目の前のマネーには弱いという事か。

28年前の天安門事件当時の日本政府の外交姿勢を批判した当時の
欧米諸国もあっただろうが、時代が流れて立場が逆転すれば
自分たちも目先のマネーに右往左往である。

19世紀から20世紀にかけては、民主主義体制の勝利ではあったが、
21世紀はどうやら民主主義という、『西洋型易姓革命』の敗北のようである。

経済協力体制を撤回するとか、中国に経済制裁を加えるとか
一時的でもいいから国交を断行するとかしたらどうだね??
民主主義陣営の批判がポーズで終わらないことを祈るばかりである。

但し日本もこうした西洋諸国の拝金主義をじっくりと観察したほうがいい。
札束で殴れば、欧米人は黙り、日本に対する批判も無くなるという事は勉強になるだろう。
 

なぜ戸籍を公開できないのか?

 投稿者:酒呑童子  投稿日:2017年 7月13日(木)21時04分32秒
返信・引用 編集済
  要するに「不都合な真実」が掲載されているからに違いない。
なにが、プライバシーだ。野党第1党の党首なら、間違って、総理大臣になってしまう恐れだってある。そもそも公人である限り、情報公開の義務が優先するのである。

チャンコロ籍のくせに、トロい日本人を騙して、政権を簒奪しようと企んでいるに違いないのである。そうでないと言うなら、さっさと戸籍を公開しろよ!
何度も言うが、この女は、参議院選挙とはいえ、東京選挙区からトップ当選してるのであり、選挙民がバカであるから、この事実を軽視することはできない。速やかにこの嘘つき女を民主党の代表から引き摺り下ろすべきなのである。代わりはどうするのか?と言われれば、オカラでもどじょうでも出せばいいのである。その方が「安心感」があってよい。

ちなみに憲法改正に関してであるが、改正するならば、まず96条から変えるべきである。あれを変えない限り、何度も何度も繰り返し、改正を行って、マトモな憲法に変えていくのは現実的に無理である。両議院の3分の2からして厳しすぎるし、その上、国民投票まである。ここを変えて、過半数に変えること。更には国民投票など廃止するべきである。そこまでやらないと、憲法を頻繁に変えることなど到底期待できないし、望めないからだ。仮に変える事が出来たとしても、一度限りで終わってしまうだろう。それでは拙いのだ、むしろ左翼を利する結果になってしまう。

憲法改正には、メリットだけでなく、デメリットも存在する。
その最たるものは、占領軍が銃剣をもって無理矢理押し付けた「占領基本法」なるものを、国民投票にかけて承認させることによって、「正統なる憲法」として「認知」してしまうことになるからである。本来ならば、占領軍が行った蛮行は、ハーグ陸戦法規に違反する国際法違反であるばかりか、大日本帝国憲法を踏み躙って、まったく異質で出鱈目なものを帝国憲法を「改正」したとの名目によって、勝手に「作り上げた」のであるから、これは、明らかに不磨の大典である帝国憲法の「改正の限界」を大きく超えており、国内法的にも遺法かつ無効なのである。当時の政府及び昭和天皇が「改正」の手続きに関わり、承認したではないか?との反論もあろうが、暴力を背景に恫喝によって強制した法的手続きは本来、法的効力を有さない、無効なのであるから、いま「日本国憲法」と呼ばれている占領基本法は、そもそも無効だと言える。ところが、国民投票によって、「改正案」が承認されてしまえば、その時から、法的にも完全に有効かつ合法的なものになってしまうだろう。もはや「憲法無効論」は通用しなくなる。現行の手続きに従って、変えていく以外の方法が完全に失われる。だからこそ、自衛隊の存在を書き加えるだけの改正では、既成事実を追認するだけであり、その後、繰り返し繰り返し改正が行われて、国防軍が設置され、9条が完全に書き換えられないならば、我々が望むような本当の改正は、実現しない。不利益が利益を上回ることになってしまう。

率直に言って、そもそも日本人には憲法を改正する能力があるとは思えないのである。
それは歴史的に、憲法もしくは、古代の基本法であった律令を一度も改正した経験がないからである。その類いのものは、聖徳太子による17条憲法をはじめ、大宝律令や養老律令、そして大日本帝国憲法があるが、ただの一度も改正されたことがないのである。二千年以上の歴史があって、ただの一度も改正したことがないとなると、その種の「素養」がないと考えざるを得ない。養老律令は奈良時代に制定されたものであるが、形骸化しながらも、条文が改正されたことは一度もなく、千百三十年も「存続」したのである。明治政府が、西洋の真似をして内閣制度を発足させた際に、古来の太政官制度を廃止した、まさにその時に養老律令は正式に終焉したのである。その後に帝国憲法が出来たのである。こうした歴史的経緯を勘案すれば、今の憲法は時期を見て、何かの口実を設けて廃止もしくは廃棄して、その後にまったく新しい自主憲法を制定するほうが望ましいと思う。最初から悪意と邪心に充ちた、日本を滅ぼす為に押し付けられた占領憲法は、出自が賎しいばかりか腐りきっており、いまさら修繕した所で使い道はない、ボロボロなゴミである。

序でに言うと、支那朝鮮人は日本と違って、何度も何度も律令を変えているのである。数多の征服王朝が治乱興亡を繰り返したのであり、王朝が変わる度に、律令が変えられるのは当然であるとの見方もできようが、現実はそうではない。王朝が変わらずとも、時の専制皇帝の恣意によって、好き勝手に何度も何度も変えられてきた。親父が苦労して作った律令を俺の気に入らないと言っては、好き勝手に変えてしまう「親不孝な息子」が何人も存在したからである(隋の煬帝・明の永楽帝などなど)。支那朝鮮人には、遵法意識はない、法治意識もない。所詮は律令も憲法も私利私欲を満たす為の「道具」に過ぎない。だから好き勝手に何度も何度も変えられた。戦後も奴等は何度も憲法を変えられているのはそのためである。

然るに日本人は、古来から遵法精神があるのである。法治意識がある。人治国家ではなかった。だからこそ、一度作った律令や憲法といった「国の基本法」を変えられないのである。要するにバカ正直すぎるのだ。もっと支那朝鮮人の邪悪さを見習ったほうがよい。正直で善良な民族は踏み潰されて消え去っていくのが、大陸の三千年の歴史だからである。
 

(無題)

 投稿者:サトちゃん  投稿日:2017年 7月13日(木)20時19分15秒
返信・引用
  山口二郎の顔は爬虫類の顔ですね。

とても人間とは思えません。
 

レンタル掲示板
/163